テイクオフ:オーストラリアと英国に…

オーストラリアと英国に住む旧友2人が、香港在住の両親と旧正月を過ごすために帰ってきた。3人が同じタイミングで香港にそろう機会はほとんどなく、今回は11年ぶりとなった。

わが家に集まり、お互いのこれまでを振り返る。特に留学や仕事などでの「あるある話」で盛り上がり、ビールもよく進んだ。会話の中で共通していたことといえば、やはり各国の不動産事情だ。オーストラリアも英国も価格だけでみると香港よりは安いが、上昇率は3カ国・地域ともさほど変わらないという。特にロンドンのメイフェア、メルボルンの東部エリアはアジア圏の富裕層による投資でさらに高騰しているようだ。

「早めに住宅を購入して正解だった」と友人の一人が言う。ならば次回の集まりはメルボルンに決定か。来年の再会を心待ちにしながら、旧正月をにぎやかに祝った。(静)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ターンテーブルに着くと…(05/24)

下期に大型IPO相次ぐか 滴滴など3社が1兆円超調達へ(05/24)

反落、資源銘柄が重し=香港株式(05/24)

6月の新築供給5千戸超、近年最多か(05/24)

4月のオフィス賃料、過去2年で最大の伸び(05/24)

不動産オリジン、香港に販売事務所を開設(05/24)

本土の共用オフィスKr、香港進出へ(05/24)

香港の超富裕層数、世界第2位に(05/24)

中国理文造紙、バゴーに工場建設計画(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン