• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアと英国に…

オーストラリアと英国に住む旧友2人が、香港在住の両親と旧正月を過ごすために帰ってきた。3人が同じタイミングで香港にそろう機会はほとんどなく、今回は11年ぶりとなった。

わが家に集まり、お互いのこれまでを振り返る。特に留学や仕事などでの「あるある話」で盛り上がり、ビールもよく進んだ。会話の中で共通していたことといえば、やはり各国の不動産事情だ。オーストラリアも英国も価格だけでみると香港よりは安いが、上昇率は3カ国・地域ともさほど変わらないという。特にロンドンのメイフェア、メルボルンの東部エリアはアジア圏の富裕層による投資でさらに高騰しているようだ。

「早めに住宅を購入して正解だった」と友人の一人が言う。ならば次回の集まりはメルボルンに決定か。来年の再会を心待ちにしながら、旧正月をにぎやかに祝った。(静)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中華圏のコンサートツア…(01/22)

住宅下落継続も好転の兆し 一定幅値下がりで春に底打ちか(01/22)

週末住宅取引、新築は10カ月ぶり多さ(01/22)

上環のオフィス、スタートアップに人気(01/22)

日系イベント情報(1月2回目)(01/22)

大湾区が小売企業の商機に、利豊研究センター(01/22)

外食の太興、香港・本土に100店新設へ(01/22)

JR西日本と日本旅行、地場GOQUOに出資(01/22)

華潤電力、大湾区の新エネ事業に投資へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン