モール供給面積、18年は過去6年で最大

不動産サービス大手の米ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)によると、インド国内のショッピングモールの2018年の新規供給面積は780万平方フィート(約72万5,000平方メートル)と、過去6年間で最大となる見通しだ。ビジネス・スタンダード(電子版)が16日伝えた。

前年から約40%増える見込み。都市・地域別の供給面積は、デリー首都圏(NCR)の230万平方フィートが最大。南部テランガナ州ハイデラバードが220万平方フィート、同タミルナド州チェンナイが150万平方フィートなどとなる。

JLLによると、18~20年の供給面積は1,940万平方フィートで、需要の1,500万平方フィートを上回る。だが、閉店や改修といった既存モールの合理化が同時に進むため、供給過剰にはならず、賃料も妥当な範囲で推移するという。

国内の小売市場では、ネット通販などの新業態が勢いを増している。だがJLLは、市場は年率15%で拡大し、20年に1兆ルピー(約1兆6,500億円)に達する見通しで、実店舗経由での販売も安定的に増加するとみている。


関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:気温が連日40度を超す…(05/24)

海産物輸出が急成長 エビけん引、本年度80億ドル予測(05/24)

インド企業、カイン州で小型車組み立てへ(05/24)

漁業当局、養殖池でのスズキの育成に成功(05/24)

タタ自初の乗用車、販売終了へ(05/24)

アウディ、20年にEV投入を計画(05/24)

印取引所、SGXに新商品上場の中止を要請(05/24)

エッサール買収、審問会を7月23日に実施(05/24)

アダニ、資金調達でQLD石炭港権益放出へ(05/24)

4月の粗鋼生産量、4.4%増の859万トン(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン