• 印刷する

テイクオフ:ここ香港で妻側の中国人…

ここ香港で妻側の中国人家族とともに旧正月を迎えた。旧暦大みそかは中国人らしくテレビで特番「春聯晩会」を鑑賞しながら食事。翌日以降は街に繰り出したが、中国本土にいた時のような旧正月の「特別感」は余り感じられない。

本土の大都市は旧正月前になると、街から地方出身者が消える。北京駐在時代は旧暦元日の出勤が楽しくさえ思えた。日ごろうんざりしていた通勤が思いのほか快適だったためで、通常40分かかる道のりが5分で着いたことに驚き、「人が少ないことはよいことだ」とその日の日記に力を込めて記したことを思い出す。

そして、香港はきょうも変わらず混み合っている。本土との感じ方の違いは街の混雑具合にあるのだろうか。今年の旧正月は香港を訪れる本土客が多いようで、尖沙咀の周辺はいつも以上に普通話が響き渡る。(崇)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

深セン前海地区の拡大表明 市長、香港との協力深化に期待も(01/23)

投資署、18年に外資436社の香港進出を支援(01/23)

18年12月のCPI上昇率2.5%、0.1P縮小(01/23)

18年12月のオフィス空室率、0.1P拡大(01/23)

18年の新築平均価格約2億円、過去最高に(01/23)

住宅購入に年収21年分、9年連続の世界一に(01/23)

反落、中国A株安に追随=香港株式(01/23)

国泰君安が香港で増員、資産管理業務強化(01/23)

「医療・健康」本土銘柄指数を発表、恒生公司(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン