中国系の炭素鋼工場着工、中スラウェシ州

インドネシア中スラウェシ州のモロワリ工業団地で今年1月、中国系デクシン・スチール・インドネシアが炭素鋼工場の建設に着手した。2020年1月の稼働を目指す。年産能力は350万トン。19日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 モロワリ工業団地を運営するインドネシア・モロワリ・…

関連国・地域: 中国シンガポールインドネシア
関連業種: 鉄鋼・金属建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

BRI、QRコード決済サービスを開始(21:10)

ジャワ島外の工業団地、今年は8カ所が稼働(22:30)

年末年始の航空運賃、カルテルの疑いで調査(21:12)

テイクオフ:出社しようとすると家主…(01/22)

【この人に聞く】一種一品の小口発注に対応 精密板金の梅田、下期は工場拡張(01/22)

エクスパンダー、今年は11.5万台の生産目標(01/22)

ダイハツ小売り台数、18年は8.1%増(01/22)

国営鉄道車両製造、バングラに15両を出荷(01/22)

ジャワ横断道路が開通、一部で混雑地点残る(01/22)

国家戦略事業の31案件、10月までの完工を急ぐ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン