中国系の炭素鋼工場着工、中スラウェシ州

インドネシア中スラウェシ州のモロワリ工業団地で今年1月、中国系デクシン・スチール・インドネシアが炭素鋼工場の建設に着手した。2020年1月の稼働を目指す。年産能力は350万トン。19日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 モロワリ工業団地を運営するインドネシア・モロワリ・…

関連国・地域: 中国シンガポールインドネシア
関連業種: 鉄鋼・金属建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:18日に待望のジャカル…(08/20)

教育と人材育成への優先配分 予算案、歳出入とも過去最大に(08/20)

EUとのFTA交渉、豪の自動車税廃止検討(08/20)

三菱自、MPV「エクスパンダー」を発売(08/20)

ロンボク島でM6.3、1人軽傷 津波なし(08/20)

首都MRT、車両第2弾が到着(08/20)

ダイハツ小売り販売、1~7月は8%増(08/20)

車両ローンの頭金ゼロに、近くOJK令で(08/20)

為替参照1万4619ルピア、株価は反落(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン