• 印刷する

理系大学生がたった2割、技術発展を阻害

マレーシアのウィー・カーション首相府相は、国内大学で学ぶ学生のうち、理系専攻がわずか21%しかいないとして、「人材不足は今後第4次産業革命(インダストリー4.0)を推進する上での阻害要因になりえる」と懸念を示した。19日付南洋商報が伝えた。

国内の高校生のうち、理系専攻は37%。ウィー首相府相は、「マレーシア政府は1970年代に、大学生の理系と文系比率を6対4とする方針を打ち出したが、数十年を経ても目標値にはほど遠い」と指摘。技術革新を支える人材不足への懸念を示した。

マレーシア教育省は2016年から、学生の英語力と理系分野の底上げを狙い、一部の公立学校で数学と理科を英語とマレー語の2言語で教える「2言語プログラム(DLP)」を導入している。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新車販売、12月は11.9%減 GST撤廃後の消費一服感続く(01/18)

RM=26.4円、$=4.11RM(17日)(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

低所得者への燃料補助、現金支給求める声(01/18)

水道料金値上げ、大半の州と合意成立(01/18)

石油精製ヘンユアン、水素プラント建設へ(01/18)

シーセラグループ、新株発行で債務完済へ(01/18)

病院KPJ、19年は4カ所に新設計画(01/18)

ダイドー、飲料製造合弁の株式一部売却(01/18)

外食QSR、4~6月期に再上場へ(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン