• 印刷する

理系大学生がたった2割、技術発展を阻害

マレーシアのウィー・カーション首相府相は、国内大学で学ぶ学生のうち、理系専攻がわずか21%しかいないとして、「人材不足は今後第4次産業革命(インダストリー4.0)を推進する上での阻害要因になりえる」と懸念を示した。19日付南洋商報が伝えた。

国内の高校生のうち、理系専攻は37%。ウィー首相府相は、「マレーシア政府は1970年代に、大学生の理系と文系比率を6対4とする方針を打ち出したが、数十年を経ても目標値にはほど遠い」と指摘。技術革新を支える人材不足への懸念を示した。

マレーシア教育省は2016年から、学生の英語力と理系分野の底上げを狙い、一部の公立学校で数学と理科を英語とマレー語の2言語で教える「2言語プログラム(DLP)」を導入している。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

11MP、成長率は最大5.5% 予算総額で400億リンギ圧縮(10/19)

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

貿易産業相ら、日本企業に投資を呼び掛け(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊、現れる(10/19)

富士フイルム、「XーT3」を正式発売(10/19)

RM=27.0円、$=4.15RM(18日)(10/19)

OKウェイヴ、ブロックチェーン関連で受注(10/19)

LRT3号線建設、新条件での継続決定(10/19)

国民車構想、提案書公募は最終的に14件(10/19)

東京ガス、パナソニックに発電システム導入(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン