• 印刷する

テイクオフ:旧正月(春節)の連休は…

旧正月(春節)の連休は、マレーシア南部にある中華系の夫の実家で過ごした。

親戚が一堂に会する夕食会では、毎年お年玉(紅包=ホンバオ)配りにあたふたするのが常だ。紅包は子どもや未婚者に渡すことになっており、大学生や働いている若者も対象だ。今年初めて紅包を渡した人の中に、日本に長く滞在し久々にマレーシアに里帰りした20代の女性がいた。日本の大学・大学院を卒業して昨年、日本の大手化粧品会社に研究職として就職したといい、流ちょうな日本語で仕事への意気込みを話してくれた。その会社は最近外国人留学生を多く採用するようになったらしい。このほか夕食会では複数の男性から日本語で話し掛けられた。皆、日本関連のビジネスに携っているという。

夫の実家の夕食会でこれほど日本語を話す機会があるとは。隣国の地方都市で日本企業のグローバル化の波を感じた。(雪)


関連国・地域: マレーシアシンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールは狭い国と…(10/15)

2回連続で金融引き締め実施 7~9月期GDPは2.6%増(10/15)

JR東日本、秋・鉄道テーマにした催し開催(10/15)

8月小売業売上高は0.4%下落、自動車が不振(10/15)

11月妥結へ「大詰め段階」、RCEP閣僚会合(10/15)

東南アの越境投資顧問容易に、まずは4カ国(10/15)

米長官がASEAN会合へ、中国意識し関与強調(10/15)

世界最長路線が再開、シンガポール―NY間(10/15)

欧州ABB、イノベーションセンターを開設(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン