新規求人の提示賃金、前年比4%増

オーストラリアのオンライン人材サービス会社シークが掲載する新規求人広告で、求人企業が提示する賃金が、前年比で平均4%上昇していることが分かった。19日付オーストラリアンが伝えた。

シークによる新規求人広告の提示賃金は、昨年8月まで前年比1%増と緩やかなペースで上昇。その後、堅調なペースでの上昇が続いた。

シークによると、24分野のうち19分野で、新規求人広告の提示賃金が前年から3%以上上昇。また9分野で、5%以上の伸びが見られた。提示賃金が最も上がったのは教育と職業訓練分野で、同分野において1月に採用活動が活発化したことを反映した。中でも教職求人の提示賃金は前年比11.8%の大幅増となり、2017年の同2.6%増から大きく伸びた。

一方で、提示賃金の上昇が実際に労働市場全体に浸透するまでには、時間がかかるとの見方もある。オーストラリア国内の賃金上昇率は、2016年初旬から1.9~2.1%で推移しており、過去最低水準となっている。

オーストラリア連邦準備銀(RBA)のロウ総裁は、平均2.5%のインフレ率を実現できれば、「長期的に3.5%の賃金上昇が期待できる」との見方を示している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:昼時にシドニーでバスに…(07/24)

Oakキャピタル、豪社と提携 日本の仮想通貨資金調達市場にらみ(07/24)

SA州LNG輸入事業、三菱は他社参加容認(07/24)

VIC停電防止へ、電力消費減で補助金検討(07/24)

ヤンコールの一般炭生産増加、資産拡大奏功(07/24)

エッソのVIC州ガス事業、勤務体制変更か(07/24)

〔政治スポットライト〕与党保守連合、二党間支持率で盛り返し(07/24)

政府の所得税減税案、「非現実的」=労働党(07/24)

双竜自、豪州に初の海外販売法人を設立(07/24)

トランスアーバン、NSW道路事業に応札(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン