• 印刷する

ロッテがHD体制強化、非上場6社を編入

韓国ロッテグループがホールディングス(HD)体制移行に向けて拍車をかける。韓国富士フイルムやロッテ商事など非上場系列6社を持ち株会社のロッテ持ち株の傘下に編入。経営透明化と株主価値向上を図る。

韓国富士フイルムとロッテ商事、ロッテリアを運営するロッテGRS、物流企業のロッテロジスティクス、広告代理店事業を手掛ける大興企画の5社をそれぞれ投資会社と事業会社に分割。ロッテ持ち株が各投資会社を吸収し、各事業会社を傘下に編入する。ロッテ情報通信の分割は完了しており、事業会社の編入はこれから。

これら6社は直接、あるいはグループ会社同士が出資し合う複雑な循環出資を通じてロッテ持ち株の株式を保有している。ロッテグループが循環出資構造から脱却し、完全なHD体制に移行するためには、6社は同社株をすべて売却しなければならない事情があった。

27日に初開催となるロッテ持ち株の株式総会で正式決定する見通し。しかし、グループの重光昭夫(韓国名・辛東彬)会長が朴槿恵(パク・クネ)前大統領への贈賄罪で実刑判決を受けて不在となるため、株主から十分な支持を得られない可能性があるとの見方も出ている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

経営破綻の韓進現法、地裁が更生開始命令(16:10)

テイクオフ:韓国で一般的に使われる…(01/16)

サムスンがインド再攻略へ スマホ新製品投入、小米に対抗(01/16)

財閥トップ、文大統領と意見交換(01/16)

昨年12月の輸入物価指数、3.2%上昇(01/16)

生産可能人口の割合、08年以降最低に(01/16)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(350)(01/16)

現代・起亜自、最低賃金が労働問題に浮上(01/16)

公取委がトヨタに課徴金、広告で法違反か(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン