テイクオフ:旧正月、というより週末…

旧正月、というより週末をまたいだ三連休では、首都ジャカルタはあちこち大混雑だったといわれている。歯切れが悪いのは、天気と混雑を理由に、近所の商業施設くらいしか足を延ばさなかったからだ。

商業施設に入ると舞台が設置されており、ライオンダンス(中華獅子舞)の演武が始まろうとしていた。香港映画の愛好家なら常識だが、元をたどれば中華獅子舞は拳法家が広め、武術館で伝授されるのが特徴。これまで華人の多い東南アジア諸国で見てきたが、インドネシアで見るのは意外と今回が初めてなので期待も高まる。

しかし、ドラと太鼓を打ち鳴らすばかりでなかなか始まらない。生来の短気ゆえいったん舞台を離れ、5分ほど中座した。戻ってみると、演武は終わり、獅子はどこかへ行ってしまった。来年の旧正月も遠出することなく獅子舞を見ることになりそうだ。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

西ジャワの繊維上流産業2社が工場を閉鎖(05/25)

プルタミナ、製油所拡張は25年に完了(05/25)

チカンペック高速、大祭前後は通行規制中止(05/25)

電気自動車、産官で温度差 技術開発の投資先行に産業界困惑(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

為替参照、1万4200ルピア台突破(05/25)

ペリー中銀総裁が就任、ルピア安定化に注力(05/25)

1ドル=1万7000ルピア以上進まず、前総裁(05/25)

損保インシュランス、シャリア事業を開始(05/25)

財務相、新優遇税制の草案を今月中に策定(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン