通信スターハブ、17年決算は27%減益

シンガポールの通信大手スターハブが14日発表した2017年12月期の決算は、純利益が前期比26.9%減の2億4,960万Sドル(約202億1,000万円)となり、前期に引き続き減益だった。売上高は0.2%増の240億700万Sドル。主力の携帯通信サービスや有料テレビなどが不振だった。 部門別の…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 経済一般・統計IT・通信金融・保険マスコミ・出版・広告


その他記事

すべての文頭を開く

4月輸出は3カ月ぶり拡大 12%増、中国向け・非電子が好調(05/18)

訪日シンガポール人、4月は6%増(05/18)

カマルク、米NYで定額家具サービスを開始(05/18)

SBI、金融商品比較サイト運営会社に出資(05/18)

株価小反発、シングテルは0.6%高(05/18)

シングテル通期は増収増益、デジタル事業好調(05/18)

医療向けAIのユーケア、820万Sドル調達(05/18)

SRX、住宅ローンの手続き簡素化サービス(05/18)

EC蝦皮の取引総額、1Qは3倍に拡大(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン