• 印刷する

コカコーラの人員削減、労組が説明要求

フィリピンの飲料大手、メキシコ系コカ・コーラFEMSA(CCF)フィリピンが先に発表した、レイオフ(一時解雇)計画について労働組合が説明を要求している。1月に施行された税制改革法(TRAIN)で加糖飲料に新税が課されたことが背景にあるとみられているが、労組は「年末の繁忙期に比べ1月に売り上げが落ち込むのは例年のことで、レイオフの理由にならない」と主張している。17日付インクワイラーが伝えた。

労組30団体以上が新たに結成した「全コーク連合」が16日、マニラ首都圏ケソン市で会見を開いた。全コーク連合によると、CCFフィリピンは3月にレイオフを実施する見込み。正社員を含む600人以上が対象となり、大半を販売関連の従業員が占めるとみられている。

フィリピン労働組合会議(TUCP)のデラクルス氏は、「飲料メーカーは、高果糖コーンシロップ(HFCS)から国産砂糖に切り替えることでコストを削減できる」と指摘。「CCFフィリピンの飲料は甘いが、従業員の扱いは苦々しい」と批判した。


関連国・地域: フィリピン中南米
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ系消費者金融、来年に顧客7割増計画(12/14)

BOI、バタンガスの油脂化学工場に優遇(12/14)

中銀が政策金利据え置き 6会合ぶり、インフレ率鈍化受け(12/14)

11月新車販売、23%減の3.1万台(12/14)

伊藤忠、ドールの果物かすでバイオガス発電(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

PEZA投資認可、1~11月は44%減少(12/14)

13日為替:$1=52.620ペソ(↑)(12/14)

マカティ地下鉄計画が始動、事業者と覚書(12/14)

バイクタクシーまだ認めず、最高裁が判断(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン