コカコーラの人員削減、労組が説明要求

フィリピンの飲料大手、メキシコ系コカ・コーラFEMSA(CCF)フィリピンが先に発表した、レイオフ(一時解雇)計画について労働組合が説明を要求している。1月に施行された税制改革法(TRAIN)で加糖飲料に新税が課されたことが背景にあるとみられているが、労組は「年末の繁忙期に比べ1月に売り上げが落ち込むのは例年のことで、レイオフの理由にならない」と主張している。17日付インクワイラーが伝えた。

労組30団体以上が新たに結成した「全コーク連合」が16日、マニラ首都圏ケソン市で会見を開いた。全コーク連合によると、CCFフィリピンは3月にレイオフを実施する見込み。正社員を含む600人以上が対象となり、大半を販売関連の従業員が占めるとみられている。

フィリピン労働組合会議(TUCP)のデラクルス氏は、「飲料メーカーは、高果糖コーンシロップ(HFCS)から国産砂糖に切り替えることでコストを削減できる」と指摘。「CCFフィリピンの飲料は甘いが、従業員の扱いは苦々しい」と批判した。


関連国・地域: フィリピン中南米
関連業種: 食品・飲料雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

欧州からの旅行者が半減、ボラカイ島閉鎖で(12:10)

テイクオフ:突然の出来事だった。会…(05/21)

財閥7社、1Qは2桁の増収 一部で税制改革影響も好調継続(05/21)

国際収支は4カ月連続赤字、4月2.7億ドル(05/21)

今年成長率予測、BMIは6.5%に上方修正(05/21)

卸売物価指数、3月上昇率は5.4%に加速(05/21)

4月外国人証券運用、2.7億ドルの買い越し(05/21)

18日為替:$1=52.330ペソ(↓)(05/21)

国内最大コワーキングスペース、蘭社が開設(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン