臨時国会開催への野党批判、与党は一蹴

カンボジア憲法の一部改正承認に向けて開催された臨時国会で、旧最大野党の救国党が批判を強める一方、国民議会(下院)の報道官は正当性を強調している。クメール・タイムズ(電子版)が16日に伝えた。 旧救国党は声明で「現在の国民議会が国民の意思を反映しているとは考えられ…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

「事実を報道していく」 有力紙ポストの新オーナー会見(05/21)

台湾の如興、ジーンズ2工場の新設計画(05/21)

証券取引委、投資ファンドの規定導入へ(05/21)

プノンペン新空港建設遅延、投資家に戸惑い(05/21)

タイ・カンボジア鉄道、6~7月に開業見込(05/21)

不動産7NG、カンダル州で衛星都市開発(05/21)

コッコン州の土地紛争、300人が新たに抗議(05/21)

縫製協会、労働者保護強化の法改正に難色(05/21)

ANZロイヤル銀を買収 Jトラスト、成長市場に照準(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン