SA政府、地権者に資源ロイヤルティー分配

オーストラリア・南オーストラリア(SA)州の与党労働党が、3月に実施予定の州選挙で再び政権を獲得した場合、所有する土地で鉱物資源開発を認めた地権者や農家に対し、資源ロイヤルティー(生産賦課金)の10%分を支払う制度を導入すると発表した。労働党政権は昨年、石油・ガ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 農林・水産建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

中国系ジェメナ、シドニーで大規模水素発電(16:54)

〔ポッサムのつぶやき〕建築家の隈研吾氏、シドニー高層ビル設計(16:54)

シドニーの物件価値、購入額下回る例が急増(16:54)

テイクオフ:オーストラリアやニュー…(10/22)

豪与党保守連合、過半数割れ 補選敗退で「少数政府」に(10/22)

豪州、純資産額中間値が19万$超で世界一(10/22)

豪畜産業界、ブレグジットの影響を憂慮(10/22)

石油大手2社、3Q生産量と売上ともに好調(10/22)

草賀駐豪大使、「今後も豪石炭輸入は重要」(10/22)

ライナス、マレー当局に迅速な免許更新訴え(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン