ヤンゴン駅開発、落札企業決定 シンガ・中国と地場連合で始動へ

ミャンマー最大都市ヤンゴン中央駅の改修事業について、シンガポール、中国、ミャンマーの企業連合が落札した。25.7ヘクタールの敷地に高層階のホテルやレストラン、映画館、多目的ホールなどを開発する国内最大の不動産事業で、入札の行方が注目されていた。事業費は25億米ドル(…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

韓国カフェチェーン、ヤンゴン空港に1号店(17:34)

ティラワで新区画の販売開始 7月から、さらに拡張も視野(06/20)

石油ガス鉱区の生産分与契約、条件を見直し(06/20)

日本との貿易額、4月は1.5億米ドル(06/20)

国連特使がラカイン州訪問、ロヒンギャと面会も(06/20)

スー・チー氏、73歳に=「心の平和」強調(06/20)

ヤンゴンでコメ値上がり予想、備蓄米を供給(06/20)

動画配信アイフリックス、利用者が急増(06/20)

ミッソンダム、中国が再開意欲あらためて表明(06/20)

カチン人道団体、治安当局から支援中止圧力(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン