電通が200億円コスト増、労働環境改革で

【共同】電通は13日、労働環境改革に伴う増員や業務効率化などにより2017年と18年の2年間で計200億円のコスト増が見込まれると発表した。 東京都内で記者会見した曽我有信取締役執行役員は「国内の最優先課題は労働環境改革と企業基盤の整備だ。改革は18年でめどを付けたい」と話…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

オプトとセプテーニ、子会社の株式譲渡中止(11:41)

NECとサムスン、5G事業で提携(14:47)

テイクオフ:中心部にある独立系映画…(10/24)

日欧がアジア投資で覚書、経済対話初会合(10/24)

ウェッジ子会社、自動三輪車に金融サービス(10/24)

デサントが釜山研究所を開設 ランニング靴向け、競争力強化へ(10/24)

NECとサムスン電子、5G基地局で提携(10/24)

三菱UFJ、HCM市で過去最大の商談会(10/24)

港珠澳大橋、きょう開通 珠江西側の日系企業に物流で恩恵(10/24)

豪、政府調達の国際協定加入 世界17兆$市場に参入へ(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン