化学・合繊5社が最高益、東レは不正影響なし

【共同】東レが9日発表した2017年4~12月期連結決算は、純利益が前年同期比1.0%増の776億円となった。自動車関連の需要増で繊維や樹脂事業が伸びた。化学品の市況が好調なことを受けて東レに加え、住友化学、旭化成、三井化学、帝人の5社が4~12月期として過去最高を更新した…

関連国・地域: 日本
関連業種: 化学・石化


その他記事

すべての文頭を開く

郵船ロジ、初の鉄道一貫輸送サービスを開始(02/16)

伊藤忠が台北101の第2位株主に、投審会認可(02/16)

テイクオフ:中華圏にいた約四半世紀…(02/16)

ホンダ、販売網強化が奏功 スクーター大手2社の戦略(上)(02/16)

ものづくり研究開発講座、日タイ協力で開設(02/16)

【アジア三面記事】ミルクがこぼれるコーヒーショップ(02/16)

二輪ホンダ、新型モーターバイクの予約開始(02/16)

アマゾンがMS抜き3位、米時価総額(02/16)

教育部門への外国投資に期待、日本からも(02/16)

フェイスブックが原点回帰、「ねたみ」回避も(02/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン