政権批判サイトに圧力、認可取り消し命じる

【マニラ共同】フィリピン当局が、ドゥテルテ政権に批判的なニュースサイト「ラップラー」の認可を取り消すよう関係機関に命じた。外国人によるメディアの所有を禁じる憲法の規定に違反したとの理由だが、報道内容を快く思わない政権が圧力をかけているとの見方が支配的だ。 フィ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】ミルクがこぼれるコーヒーショップ(02/16)

日系ブランド車はシェア79% ASEAN、中国の影響見られず(02/15)

テイクオフ:「ドゥテルテ大統領の会…(02/15)

ジョリビー、17年は増収増益 米同業への出資比率引き上げ(02/15)

ファミマの比運営者、クラーク出店も検討(02/15)

フィリピン航空が機材増強、18年は15機調達(02/15)

18年の電子製品輸出、業界は6%成長と予想(02/15)

首都圏の建材卸売物価、1月は5.7%上昇(02/15)

14日の為替相場、12年ぶり安値の52ペソ台(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン