政権批判サイトに圧力、認可取り消し命じる

【マニラ共同】フィリピン当局が、ドゥテルテ政権に批判的なニュースサイト「ラップラー」の認可を取り消すよう関係機関に命じた。外国人によるメディアの所有を禁じる憲法の規定に違反したとの理由だが、報道内容を快く思わない政権が圧力をかけているとの見方が支配的だ。 フィ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

欧州からの旅行者が半減、ボラカイ島閉鎖で(12:10)

テイクオフ:突然の出来事だった。会…(05/21)

財閥7社、1Qは2桁の増収 一部で税制改革影響も好調継続(05/21)

国際収支は4カ月連続赤字、4月2.7億ドル(05/21)

今年成長率予測、BMIは6.5%に上方修正(05/21)

卸売物価指数、3月上昇率は5.4%に加速(05/21)

4月外国人証券運用、2.7億ドルの買い越し(05/21)

18日為替:$1=52.330ペソ(↓)(05/21)

国内最大コワーキングスペース、蘭社が開設(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン