政権批判サイトに圧力、認可取り消し命じる

【マニラ共同】フィリピン当局が、ドゥテルテ政権に批判的なニュースサイト「ラップラー」の認可を取り消すよう関係機関に命じた。外国人によるメディアの所有を禁じる憲法の規定に違反したとの理由だが、報道内容を快く思わない政権が圧力をかけているとの見方が支配的だ。 フィ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

アヤラ、ベトナムの太陽光発電の容量拡大(11:54)

テイクオフ:首都マニラのスラム街を…(08/15)

【新PUV】始動したジプニー近代化(下) ペソ安打撃、部品の現地化に課題(08/15)

22年までに中国支援の18事業着工、NEDA(08/15)

雇用者連合が30万人正社員化へ、労働省(08/15)

財閥アヤラ、上半期は7%増益(08/15)

LTグループ、たばこ好調で上期は2倍増益(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

複合アライアンス、主要事業好調で増収増益(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン