政策金利、今年初の会合で1.5%に据え置き

タイ中央銀行(BOT)は14日、今年最初の金融政策委員会(MPC)の会合を開き、満場一致で政策金利(翌日物レポ金利)を1.50%に据え置くことを決めた。金利の据え置きは22会合連続。 中銀は、強固な国際経済の成長による輸出の改善や耐久消費財をはじめとする個人消費の拡大…

関連国・地域: タイ
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

対タイ貿易150億ドルへ、作業部会設置で合意(02/23)

日タイでウィンウィン目指す JFC商談会に過去最高の400社(02/23)

小型バイク物品税、環境対策で引き上げへ(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

ニッポンパック、食品開発でCPと提携(02/23)

栄養飲料カラバオ、子会社統合で大幅減益(02/23)

飲料セッペ、低糖飲料投入で1割増収目標(02/23)

米が貿易救済調査、中国などの輪ゴムに(02/23)

現場の改善事例、デンソーが東京で講演(02/23)

タイ企業が事業拡大に関心、商談会開催(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン