政策金利、今年初の会合で1.5%に据え置き

タイ中央銀行(BOT)は14日、今年最初の金融政策委員会(MPC)の会合を開き、満場一致で政策金利(翌日物レポ金利)を1.50%に据え置くことを決めた。金利の据え置きは22会合連続。 中銀は、強固な国際経済の成長による輸出の改善や耐久消費財をはじめとする個人消費の拡大…

関連国・地域: タイ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:電子書籍の隆盛で、書店…(10/17)

【高齢化の諸相】1人暮らしを「遠隔見守り」 日本のセンサー技術、普及目指す(10/17)

日本産の農産物・食品商談会、新鮮さPR(10/17)

ドイカム、東北第4工場の増強計画を延期(10/17)

グラブ、交通事故防止向け投資倍増へ(10/17)

EVの税制を近くとりまとめ=物品税局長(10/17)

商社ロクスレー、電動トゥクトゥクを発売(10/17)

英トライアンフ、新型車投入で販売3千台へ(10/17)

米フォード、3モデルの販売を一時停止(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン