株価反落、金融銘柄が下げ主導

14日のシンガポールの株式相場は反落。ST指数の終値は前日比12.21ポイント(0.36%)安の3,402.86。売買高は18億8,730万株、売買代金は15億9,840万Sドル(約1,301億円)だった。値上がり銘柄は212で、値下がりは243。 ロイター通信によると、シンガポール市場では金融銘柄が重…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 経済一般・統計天然資源金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

GDPを100億米ドル押し上げ 企業のデジタル化、21年までに(02/23)

アベジャ、国立大と人工知能分野で連携(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

SIA、パース便にボーイング最新鋭機を投入(02/23)

チャンギ子会社、サウジの空港運営権を喪失(02/23)

トレノケート、5カ国でアマゾン研修機関に認定(02/23)

オスロ証取、EMASオフショアに上場廃止処分(02/23)

POSB銀、外国人労働者向け会員制度導入(02/23)

金融庁、店頭デリバティブ取引の新規制提案(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン