• 印刷する

《労使》内閣、16職種の技術者賃金を承認

タイ政府は13日、4産業16職種の技術者の賃金基準を閣議で承認した。官報告示から90日後に発効する。

鉄鋼、プラスチック、家具、製靴の計16職種をそれぞれ2階級に分け、賃金を設定した。賃金レンジは1日当たり340~600バーツ(約1,161~2,049円)。最低は無垢材(むくざい)を使った家具の部材準備、最高はアーク式取鍋加熱装置での連続鋳造となった。

労働省の担当者は14日、NNAに「官報の告示時期は決まっていない」と話した。

国内では、最低賃金が4月1日に現行比1.6~7.1%上昇の日額308~330バーツとなることが決まっている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 化学繊維鉄鋼・金属その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクで「トトロ」に…(10/18)

【高齢化の諸相】「白紙市場」日系が先陣争い 腎臓病米飯、介護食品導入も図る(10/18)

粉粒体機器アイシン産業が製造拠点(10/18)

BGコンテナグラス、18日に上場(10/18)

医療機器ピュアロン、タイ企業と合弁設立(10/18)

NBDヘルスケア、オーラルケア製品を拡販(10/18)

不動産V、プラカノン駅でコンド開発(10/18)

カンボジアとタイ、海洋観光で協力(10/18)

車部品アジア、発電事業好調で大幅増収予測(10/18)

IRPC、中国企業とプラ製品のEC販売(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン