AIで眼科診療支援、慶大など後発地域視野

慶應大医学部眼科教室と診エテック(東京都)、Q&Aサイト運営オウケイウェイヴ(同)の3者は13日、AI(人工知能)を使って目の病気を診断するスクリーニングプログラムの開発を始めたと発表した。ミャンマーなど医療体制が不十分な地域での活用も視野に入れ、日本国内の検診セン…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

二大都市の高速道改修、韓国が事業化調査へ(02/24)

民間TV局5社、放送開始へ 教育・娯楽コンテンツを充実(02/23)

貿易額目標達成ほぼ確実、入超は継く(02/23)

ミャンマーと日本企業の意見交換会開く(02/23)

労働省、18年度は技能保持者3千人育成へ(02/23)

ミンガラドンで新複合開発、5年内完成へ(02/23)

ヤンゴン管区の工場、下水処理併設は20軒(02/23)

国産真珠の競売会、23日から香港で開催(02/23)

マンダレー、ごみ収集車のGPS設置で入札(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン