14日の為替相場、12年ぶり安値の52ペソ台

14日のペソ相場は5日続落した。政府公式レートの終値は前日比0.140ペソ安の1米ドル=52.120ペソ。2006年7月21日以来、約12年ぶりに52ペソ台の安値をつけた。この日は51.905~52.120ペソで取引された。 地元メディアによると、貿易赤字の拡大やフィリピン中央銀行による政策金利…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

オンラインカジノ市場、18年は60億ペソに(12:28)

現代自の1月販売、3%増の2903台(14:15)

トヨタ、優遇車生産へ万全 投資額は100億円超に拡大(02/23)

エイサー、フィリピン市場で商機拡大(02/23)

日比経済合同委が開催、インフラ開発で対話(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

17年FDI認可額が半減、欧米3カ国が急落(02/23)

外資規制緩和、3月にNEDAボードで協議(02/23)

保険会社の新資本規制、予定通り実施(02/23)

22日為替:$1=52.100ペソ(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン