14日の為替相場、12年ぶり安値の52ペソ台

14日のペソ相場は5日続落した。政府公式レートの終値は前日比0.140ペソ安の1米ドル=52.120ペソ。2006年7月21日以来、約12年ぶりに52ペソ台の安値をつけた。この日は51.905~52.120ペソで取引された。 地元メディアによると、貿易赤字の拡大やフィリピン中央銀行による政策金利…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クリスマスが周りにあふ…(11/14)

10月新車販売は3.3万台 前年割れ続くも前月比は上向き(11/14)

8月のFDI純流入、41%減の7.5億ドル(11/14)

今年の成長率予想6.4%に下方修正、OECD(11/14)

8月卸売物価指数は8.9%上昇、食品が加速(11/14)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(342)(11/14)

LTグループ、1~9月は84%増益(11/14)

13日為替:$1=53.100ペソ(↑)(11/14)

アヤラ子会社、ラグナ工業団地に賃貸工場(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン