• 印刷する

携帯電話の普及率131.8%に、スマホは70%

マレーシアの携帯電話の普及率が、2017年7~9月期(第3四半期)は131.8%だったことが分かった。端末別でスマートフォンの普及率は70%に達した。国営ベルナマ通信が伝えた。

通信マルチメディア委員会(MCMC)が13日、明らかにした。ブロードバンドの普及率は84.5%だった。

MCMCのハリム・シャフィ委員長は声明で、さらなる通信網の拡充に向けて不断の努力を続けると強調した。

またハリム委員長は、オンライン・バンキング詐欺の発生率も低く、電子決済への信頼が高まっていると指摘した。16年における同詐欺の発生率は、全取引件数のうち0.0004%、全取引額のうち0.0017%だった。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

通信塔建設で外国3社と覚書、ICT省(01/21)

エアアジア、ロンボクを拠点空港に設定(01/21)

イケア、ハノイで4.5億ユーロの投資計画(01/21)

タイ・マレー国境の24時間開放、4月に試験(01/21)

吉利集団、中国でロータス車生産へ(01/21)

新車販売、12月は11.9%減 GST撤廃後の消費一服感続く(01/18)

RM=26.4円、$=4.11RM(17日)(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン