ランヒル、国外事業の拡大に意欲

水処理・電力事業を主力とするマレーシアのランヒル・ホールディングスは今年、国外の事業拡大を進める方針を表明した。既に提携先と工業用水処理を手掛ける中国のほか、タイやミャンマーを重視している。14日付スターが伝えた。 ランヒルは既に、子会社ランヒル・ウォーター香港…

関連国・地域: 中国タイマレーシア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:通勤電車の中、ひそかに…(01/17)

新車販売、19年は横ばい 政府に承認の迅速化要請=MAA(01/17)

RM=26.4円、$=4.11RM(16日)(01/17)

プロドゥア、新SUV「アルス」を発売(01/17)

MDECの新CEOに米国帰りのスリナ氏(01/17)

巡礼基金、債券投資重視へ戦略転換(01/17)

ゲンティン、増税でコスト削減強化(01/17)

イスカンダルの18年投資誘致、目標を突破(01/17)

マレーシアのファンダメンタルズ強固、世銀(01/17)

天然ゴムの輸出30万トン削減、2カ国が合意(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン