フィリピン航空が機材増強、18年は15機調達

フィリピン航空(PAL)は13日、2018年に15機の旅客機を調達する予定であると明らかにした。路線網と旅客数の拡大が狙い。交換部品を合わせた購入費は計20億米ドル(約2,158億円)と試算する。地元紙ビジネスミラーなどが伝えた。

エアバス「A350」4機、同「A321」6機、ボンバルディアのターボプロップ機「Q400」5機をそれぞれ調達する。PALは今年、バンクーバー経由で運航しているマニラ―ニューヨーク便を、北極上空を通る直行便に置き換える。6月に受領予定のA350は同路線に使用する計画だ。PALの現在の所有機材は計88機で、16~17年間使用した機材を今月に1機、来年に1機、それぞれ退役させることが決まっている。

PALは昨年来、国外の航空会社からの出資受け入れを検討している。PALの持ち株会社であるPALホールディングスのハイメ・バウティスタ社長は同日の記者会見で、「候補企業とは現在も協議中。結論が出るまでにあと数カ月かかる」との見通しを示した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融・保険運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

税制改革第2弾で大量失業 労組が懸念表明、審議は難航か(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

世界人材ランク50位に低下、ここ10年で最低(05/25)

企業の半数が経済犯罪を経験、PwC調査(05/25)

三菱自が名門大と覚書、産学官でEV振興(05/25)

24日為替:$1=52.550ペソ(↓)(05/25)

首都LRT1号線、カビテ延伸を10月着工(05/25)

カガヤン港改修に210億円、投資誘致へ(05/25)

港湾庁、1Qは9%増収も支出かさみ減益(05/25)

新興プレハブ住宅社、プエルトリコから受注(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン