中国人の訪台団体旅行、3月出発分は中止か

中国当局が、中国人の台湾への団体旅行を再び制限するとの観測が出ている。業界関係者によると、中国当局は既に国内各地の旅行会社に対し、3月に出発する台湾への団体旅行を全て中止するよう求めたという。

13日付経済日報などが伝えた。既に査証(ビザ)手続きを終えているツアーは対象外という。このほか4~9月には訪台団体旅行の各旅行会社への割り当て枠が半減され、11月24日に投開票される統一地方選挙前後の10~12月には訪台団体旅行が中止されるとの見方もある。

交通部(交通省)観光局の張錫聡副局長は、「あくまでうわさだ。中国当局の確認は取れていない」と強調。「一方で、11月の統一地方選を理由に団体旅行中止を決めるのは理解できるが、3月から9月までの渡航制限措置についてはよく分からない」と述べた。

中国政府は2016年5月に蔡英文政権が発足して以来、中国人の訪台団体旅行を制限する外交圧力をかけており、1日当たりの訪台団体客数は受入数上限の5,000人を大きく割り込む約2,300人で推移。業界関係者の間では、今年の訪台中国人客数(延べ人数)は前年比約80万人減少し、180万~200万人にとどまるとの予測も出ている。


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 観光・娯楽政治

その他記事

すべての文頭を開く

【台中特集】「台中から台湾を変える」 改革派の林佳龍市長、2期目に自信(02/23)

エイサー、フィリピン市場で商機拡大(02/23)

化粧品大手のササ、台湾市場から撤退(02/23)

17年のスマホ販売台数、前年比1割減の733万台(02/23)

産業用PCの神基、欧州の売上高を5年で倍に(02/23)

スマホ使用時間、「毎日5時間以上」が28%(02/23)

裕隆電能、高雄に初のEV充電設備(02/23)

台プラ越製鉄所、地場企業からの出資受け入れ(02/23)

1月の電動自転車の輸出台数、同月の最高更新(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン