中国企業の海外投資、1月は39.7%増

中国商務省は13日、中国企業の1月の対外直接投資(金融業を除く)は前年同月比39.7%増の108億米ドル(約1兆1,630億円)だったと発表した。99カ国・地域の955社に投資した。中国企業の対外投資額は3カ月連続で前年同月実績を上回っている。

習近平政権が掲げる現代版シルクロード戦略「一帯一路」沿線国への投資は46カ国、計12億3,000万米ドルに上った。対外投資全体に占める割合は11.4%。シンガポールやマレーシア、ラオス、ベトナム、インドネシア、パキスタン、スリランカなどへ投資した。

業種別では鉱物採掘業への投資が9倍増の37億5,000万米ドルとなった。リース・ビジネスサービス、卸売り・小売りの伸びも目立った。「非理性的」な投資傾向があるとして政府が規制を強化している不動産、スポーツ、娯楽の新規投資はなかった。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 経済一般・統計金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

対日投資残高、伸び率1%に鈍化(17:47)

進出日本企業は100%成功=ルーマニア貿易相(16:43)

新浪、香港でセカンダリー上場を検討か(17:51)

米商務長官、6月2~4日に訪中(19:54)

国有企業の純利益、1~4月は18.4%増(15:53)

22年北京五輪、公式グッズメーカーを募集(20:21)

電池大手が中国で供給拡大か 補助金対象入りの可能性、現地紙(05/25)

ユニー、香港事業から撤退 3億ドルで全株売却、営業は継続(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

米国の輸入車関税案に反発、中国商務省(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン