日本が物流問題を提議 官民合同会議、事業円滑に

日本とカンボジアは14日、進出日系企業が抱える問題などを協議する「第16回日本カンボジア官民合同会議」を首都プノンペンで開催する。今回は日本側から幹線道路の整備計画や渋滞の緩和策など物流問題を中心に提議するほか、日本の輸出入・港湾関連情報処理システム「NACCS」…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 経済一般・統計IT・通信製造一般電力・ガス・水道金融・保険運輸・倉庫社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

ネット通信、20年に都市部で完全普及(15:30)

スマートシティー構想に課題 基本計画なく、都市機能低下も(05/23)

小口金融HKL、タイ格付け機関がBBB+(05/23)

携帯メットフォン、高速4.5Gサービス開始(05/23)

北京の進出企業、商工会組織を発足(05/23)

連棟住宅の需要増、17年時点で計画500棟(05/23)

コメ貯蔵乾燥施設3カ所、7月に完工予定(05/23)

総選挙で16政党の登録認可、4党は審査延長(05/23)

不敬罪で2件目の逮捕、70歳の理髪師(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン