深セン市、ビジネス環境改革措置発表

深セン市政府はこのほど、ビジネス環境改革を推進するための一連の改革措置を発表した。12日付南方日報などが伝えた。

改革措置は20分野、126項目にわたる。うち開かれた貿易投資環境をつくるための措置としては、◇国際的に一流の投資環境整備◇深センと香港の金融協力強化◇国際貿易の利便性向上改革◇通関管理監督改革――の4分野で30項目の政策を盛り込んだ。

また、適正なコストでの産業発展をめぐっては、◇産業空間資源の最適化◇全方位的な企業の経営コスト軽減◇企業の税・費用負担軽減◇資金調達の困難解消◇イノベーションの支持――の5分野で35項目の政策を打ち出した。

このほか、魅力ある人材発展環境づくりに向けては、◇優秀人材に対する住宅政策優遇◇海外人材への優れた公共サービス提供◇外国人のビザや就労面での利便性――など3分野で16項目の政策を挙げた。特に住宅取得面では賃貸物件を将来的に買い取ることを支援するため、賃料を住宅取得費用の一部に充当する措置を盛り込んだ。


関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本のコンビニエンスス…(05/24)

中国海南省、2都市に直航便就航へ(05/24)

下期に大型IPO相次ぐか 滴滴など3社が1兆円超調達へ(05/24)

全国の就業者数7.76億人 微増、第3次産業で拡大(05/24)

自動車の輸入関税引き下げ、各社値下げ検討(05/24)

〔政治スポットライト〕日豪外相会談、印太平洋の安定で一致(05/24)

4月スマホ販売が8.4%減、50万台下回る(05/24)

自貿区の規制緩和策を全国に、船舶輸送など(05/24)

4月のオフィス賃料、過去2年で最大の伸び(05/24)

研究費の対売上高比、中央企業の評価項目に(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン