• 印刷する

深セン市、ビジネス環境改革措置発表

深セン市政府はこのほど、ビジネス環境改革を推進するための一連の改革措置を発表した。12日付南方日報などが伝えた。

改革措置は20分野、126項目にわたる。うち開かれた貿易投資環境をつくるための措置としては、◇国際的に一流の投資環境整備◇深センと香港の金融協力強化◇国際貿易の利便性向上改革◇通関管理監督改革――の4分野で30項目の政策を盛り込んだ。

また、適正なコストでの産業発展をめぐっては、◇産業空間資源の最適化◇全方位的な企業の経営コスト軽減◇企業の税・費用負担軽減◇資金調達の困難解消◇イノベーションの支持――の5分野で35項目の政策を打ち出した。

このほか、魅力ある人材発展環境づくりに向けては、◇優秀人材に対する住宅政策優遇◇海外人材への優れた公共サービス提供◇外国人のビザや就労面での利便性――など3分野で16項目の政策を挙げた。特に住宅取得面では賃貸物件を将来的に買い取ることを支援するため、賃料を住宅取得費用の一部に充当する措置を盛り込んだ。


関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

サムスンD、曲がる有機ELパネル工場稼働へ(14:59)

米をWTOに提訴、太陽光パネルの輸入制限(21:24)

7月のエネルギー生産、原炭は減産に転じる(18:52)

テイクオフ:チャットアプリ「微信(…(08/15)

【新PUV】始動したジプニー近代化(下) ペソ安打撃、部品の現地化に課題(08/15)

マカオカジノ業界が堅調 貿易摩擦も「影響軽微」(08/15)

車載電池メーカーに淘汰の波 中小の資金繰り悪化、大手集約へ(08/15)

豪電力企、日本と石炭火電計画 4年半で千MW規模も(08/15)

22年までに中国支援の18事業着工、NEDA(08/15)

雲南省系企業、河川港の土地で商業施設着工(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン