テイクオフ:先週末の広州駅は帰省客…

先週末の広州駅は帰省客で大混雑していた。戸籍人口870万人に対して常住人口は1,404万人。広州で暮らす人の多くは、仕事や学校のために故郷を離れた他地域の出身者だ。

広州市は春節(旧正月)を控え、「年越しは広州で」と呼び掛けるキャンペーンを展開している。地元紙に設けられた宣伝ページには連日著名人が登場し、「暖かい」「花が咲き誇る」広州で迎える新年がいかに素晴らしいかを語っている。他地域出身者をつなぎ留め、あるいは観光客を呼び込んで、地元の春節をさらに盛り上げようという狙いだろうか。

そんな広州の思惑とは関係なく、駅で改札を待つ人たちは誰もが笑顔。重そうな荷物には土産がたくさん詰まっているのだろう。例え雪に覆われ花はなくとも、大切な人が待つ故郷での年越しが一番暖かいに決まっている。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

対日投資残高、伸び率1%に鈍化(17:47)

進出日本企業は100%成功=ルーマニア貿易相(16:43)

新浪、香港でセカンダリー上場を検討か(17:51)

米商務長官、6月2~4日に訪中(19:54)

国有企業の純利益、1~4月は18.4%増(15:53)

22年北京五輪、公式グッズメーカーを募集(20:21)

電池大手が中国で供給拡大か 補助金対象入りの可能性、現地紙(05/25)

ユニー、香港事業から撤退 3億ドルで全株売却、営業は継続(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

米国の輸入車関税案に反発、中国商務省(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン