居然之家、アリババなどから130億元調達

家具・内装材の製販や内装を手掛ける北京居然之家投資控股集団(居然之家)は11日、電子商取引(EC)中国最大手の阿里巴巴集団(アリババ)など4社から総額130億元(約2,200億円)の出資を受けることで合意した。4社合計で居然之家の株式36%を取得する。13日付証券日報が伝え…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: IT・通信製造一般金融・保険商業・サービス建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

電池大手が中国で供給拡大か 補助金対象入りの可能性、現地紙(05/25)

ユニー、香港事業から撤退 3億ドルで全株売却、営業は継続(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

米国の輸入車関税案に反発、中国商務省(05/25)

サービス貿易を振興、指定17地域で(05/25)

首都に中国系経済特区、運営会社が発足(05/25)

ECサイトの子ども用品、3割が不合格(05/25)

香港の合弁法律事務所、本土で設立規制緩和(05/25)

無印良品に罰金340万円、台湾表記巡り(05/25)

致新、アリババのスマートスピーカー向け受注(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン