• 印刷する

グラブ、首都でバイク配車を試験運営

配車アプリの開発・運営を手掛けるシンガポールのグラブは、カンボジアの首都プノンペンで、バイク配車サービス「グラブバイク」の試験運用を開始した。アプリを使った同種のサービスは国内初となる。プノンペン・ポスト(電子版)が13日に伝えた。

カンボジアとタイ事業の責任者を務めるウィー・タンイー氏によると、試験期間中の基本料金は最初の1キロメートルまでが2,500リエル(約67円)、その後は1キロごとに1,000リエルが加算される。

現時点でグラブに登録したモトドップ(バイクタクシー)の運転手は約100人。既に全員が安全運転などに関する研修を受けたという。正式な運営時期や料金体系などは未定。

グラブは、プノンペン市民の多くがモトドップを利用している現状を考慮し、アプリによる予約の効率化を目指す。プノンペンの交通事情を勘案すれば、トゥクトゥク(三輪車)や自動車よりもバイクの利便性が高いという。


関連国・地域: カンボジアシンガポール
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(17:01)

EU制裁検討は「心理戦」 フン・セン首相、強気の姿勢維持(10/22)

カンボジア人数百人がデモ、EU本部付近(10/22)

列国議会同盟、選挙結果に強い懸念(10/22)

メコン川のしゅんせつ再開へ、閣僚が問題視(10/22)

農水省、農家支援の価格情報サイトを開設(10/22)

カンボジアとタイ、共通ビザの導入再提案(10/22)

1~9月税収17%増、通年目標の約9割に(10/22)

児童就労問題に着手、英調査団の報告受け(10/22)

米保護主義けん制、ASEMが閉幕(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン