沖合天然ガス田、3カ所で生産量が減少

ミャンマー電力・エネルギー省によると、沖合の天然ガス田4カ所のうち、アンダマン海のイェタグンでの生産量が2014年比で約55%と大幅に減少していることが分かった。同ガス田で産出されたガスは、主にタイに輸出されている。イレブン電子版が12日伝えた。 最も減少幅が大きかっ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ帰還で支援を 首脳会議でスー・チー氏が要請(11:53)

ヤンゴンの小売スペース拡大 新規参入増で賃料上昇予測(11/14)

新省の名称、投資・対外経済関係省に(11/14)

スー・チー氏、シンガで投資呼び掛け(11/14)

スー・チー氏を非難 マハティール氏(11/14)

スー・チー氏の人権賞撤回、アムネスティ(11/14)

タイPTTEP、ガス輸送管の交換を計画(11/14)

テレノール、訪日旅行者向けサービス開始(11/14)

パラミ、シャン州でLPG共同調理場を開設(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン