• 印刷する

韓国系の縫製工場、2千人に給与遅配

ベトナム南部ドンナイ省のバウセオ工業団地に入居する韓国系縫製会社KLテクスウエル・ビナで給与の遅配問題が起き、グエン・スアン・フック首相が省人民委員会などに対して適切な支援を行うよう求めた。12日付トイバオ・タイチン電子版などが報じた。

遅配給与は1月分で、総額はおよそ137億ドン(60万米ドル、約6,600万円)。労働者2,000人近くが影響を受けている。旧正月(テト)を前にした9日には、労働者1,000人余りが会社前に集まって支払いを要求したが、会社側は、社長・幹部合わせて12人がいずれも韓国に帰ったため連絡が取れないとした。

省人民委員会は10日、省予算から70億ドンを緊急に支出して、労働者に遅配給与の50%を支給することを決定。同省の労働同盟も、1人当たり50万ドンの緊急支援を決めた。フック首相はこれらの措置を賞賛した上で、引き続き必要な支援を行うよう求めた。

総同盟によれば、同社は2017年8月~18年1月分の社会保険料175億ドン余りも滞納しているという。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

次代を担う「Z世代」に注目 影響力は大きく、購買決定の70%(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊、現れる(10/19)

エプソン、BtoB商品を一斉投入(10/19)

HCM市都市鉄道1号線、20年完成は困難(10/19)

韓越が覚書、港湾開発・運営など協力を強化(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

ハノイ、停滞の都市区案件4件を取り消しへ(10/19)

韓国企業、ブンタウにゴルフリゾート開発へ(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン