陸運統制委、配車アプリの台数制限を緩和

フィリピンの陸運統制委員会(LTFRB)は、「ウーバー」や「グラブ」などオンライン配車アプリを使って営業する車両の登録台数制限の上限を緩和すると発表した。需要の増大を考慮し、4万7,500台から6万6,750台に引き上げる。13日付マニラスタンダードなどが伝えた。 LTF…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信運輸・倉庫政治


その他記事

すべての文頭を開く

国内最大のプールがクラークで開業(02/23)

オンラインカジノ市場、18年は60億ペソに(02/23)

現代自の1月販売、3%増の2903台(02/23)

トヨタ、優遇車生産へ万全 投資額は100億円超に拡大(02/23)

エイサー、フィリピン市場で商機拡大(02/23)

日比経済合同委が開催、インフラ開発で対話(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

17年FDI認可額が半減、欧米3カ国が急落(02/23)

外資規制緩和、3月にNEDAボードで協議(02/23)

保険会社の新資本規制、予定通り実施(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン