通信局トップが辞任、株購入を未申告

香港政府通信事務管理局の王桂ケン(ケン=つちへんに勳のへん)主席は12日、中国本土の通信キャリア、中国移動(チャイナ・モバイル)の株式購入を申告していなかったことを理由に辞任した。「不注意だった」と説明している。13日付スタンダードなどが伝えた。 王氏は12日夕方に…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: IT・通信金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

サッカーW杯の違法賭博、300億ドル規模か(13:33)

テイクオフ:自宅付近を散歩中、高齢…(05/21)

オフショア元の流動性改善へ 人民銀が新措置、市場で期待の声(05/21)

相次ぐHKMA介入、プライムレート上昇か(05/21)

本土にLME倉庫、李CEOが方針表明(05/21)

反発、資源銘柄に買いが集中=香港株式(05/21)

大湾区の新たな指数を公表、恒生指数公司(05/21)

MPF口座の1割超、DISに投資(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン