通信局トップが辞任、株購入を未申告

香港政府通信事務管理局の王桂ケン(ケン=つちへんに勳のへん)主席は12日、中国本土の通信キャリア、中国移動(チャイナ・モバイル)の株式購入を申告していなかったことを理由に辞任した。「不注意だった」と説明している。13日付スタンダードなどが伝えた。 王氏は12日夕方に…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: IT・通信金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここ香港で妻側の中国人…(02/20)

本土旅行者の取り込み強化 HKTB、高鉄開通チャンスに(02/20)

民泊エアビーの香港利用、旧正月は5割増(02/20)

花火大会中止、旧正月のサービス業に打撃(02/20)

市民のポイントサービス加入、平均6.5種類(02/20)

キャセイの1月旅客2%減、貨物は2桁増(02/20)

1月のコンテナ取扱量、4カ月ぶりにプラス(02/20)

来年までA320ネオ受領しない、香港エクス(02/20)

九龍バスの待ち時間延長へ、業務見直し(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン