LCC済州航空、地上支援業務の子会社

韓国格安航空会社(LCC)の済州航空が12日、空港の地上支援業務(グランドハンドリング=グラハン)を担う子会社JASを発足した。韓国のLCCとしては初めて。

2017年10月に買収したグラハン事業を手掛ける現地企業の社名変更し、JASとして再出発する。済州航空をはじめとする航空会社を対象に空港カウンターでの発券や搭乗手続きなどの旅客サービス、貨物積み降ろしなどのランプサービスといった総合的な地上支援業務を行う。

済州航空がJASを活用して地上支援業務を行えば、航空機の運航環境の安定と、顧客サービスの向上が期待される。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

韓国GS建設、地場と合弁で住宅開発に参画(02/23)

昭夫氏の株式保有率が4%に、ロッテHD株(02/23)

サムスン電子、華城工場に新ラインを新設(02/23)

韓国GM、ベア凍結とボーナス不支給か(02/23)

サムスンバイオ、第3工場で初受注に成功(02/23)

現代自の1月販売、3%増の2903台(02/23)

日本産木材、構造材に高需要 木造建築の増加が後押し(02/23)

17年末の家計負債が過去最大、8.1%増(02/23)

韓銀総裁、日本との通貨スワップに関心(02/23)

起亜自動車、インド工場の初出荷は19年3月(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン