• 印刷する

日本貨物航空、SIAカーゴと戦略提携

日本郵船子会社の日本貨物航空は13日、シンガポール航空(SIA)の貨物子会社SIAカーゴと戦略的パートナーシップ構築に向けた覚書を締結したと発表した。

同パートナーシップは、過去5年で両社が段階的に拡大してきた既存のブロックスペース契約(貨物空間や座席を一部売買する契約)に基づいて構築する。両社は第1弾として、4月1日から日本とシンガポールを結ぶ路線でコードシェア(共同運航)を開始する。これにより顧客の要望に添った、より柔軟なサービスの提供が可能になる。コードシェア便は、成田空港―関西空港―チャンギ空港間で週5便(月~金曜)、成田空港―チャンギ空港間で週1便(土曜)それぞれ運航する。

日本貨物航空は現在、ボーイング747F型貨物機を使い、成田空港―チャンギ空港間で週6便を運航。SIAカーゴは成田空港―チャンギ空港間で1日2便、羽田空港―チャンギ空港間で同3便を飛ばしているほか、SIAの旅客便の貨物輸送を管理している。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:女子テニスの年間成績上…(10/23)

石油・ガス業界向けコンサル強化 横河電機傘下KBC、新ハブ設立(10/23)

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(10/23)

シグマ光機、来年1月に子会社設立(10/23)

セムマリン、FPSOの改修作業を受注(10/23)

UOB銀、オンラインで個人の手続き全て可能に(10/23)

株価反発、金融DBSは0.4%高(10/23)

ユーロカーズ、26日にサービス施設を正式開所(10/23)

電子行政サービスが指紋・顔認証で利用可に(10/23)

南洋大、V2X技術開発で民間事業者と提携(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン