• 印刷する

中小企業の技術守る、政府・与党が対策

韓国政府と与党が12日の協議で、中小企業の技術を奪う行為の根絶に向けた対策をまとめた。技術奪取に対する懲罰的な損害賠償制度を設け、大企業が中小企業に技術の秘密情報にかかわる資料を要求する場合には秘密保持契約の締結を義務付ける。韓国各紙が13日付で伝えた。

この対策には、法的紛争が発生しても救済されにくかった中小企業の行政支援策が盛り込まれている。懲罰的な損害賠償制度を技術保護関連の法律に導入し、中小企業の技術を奪おうとする大企業が支払う損害賠償額を損害額の最大10倍まで引き上げる。

また、現行法では技術侵害を受けた中小企業が被害事実を証明する必要があったが、今後は加害側に立証責任を負わせる。大企業は製品に用いた技術を説明することで疑いを晴らさなければならない。

技術保護のため、大企業と中小企業間の取引時に秘密保持契約を締結させ、違反した場合は罰則を与える。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

OCI、太陽光発電インバーター事業に参入(15:50)

KT、「5Gバス」でキラーコンテンツ公開(17:32)

双竜自、マヒンドラ対象に有償増資を実施(17:18)

しわ取り薬のメディトックス、近く新製品(17:23)

テイクオフ:ソウル市の教育庁が、先…(01/17)

玄関錠に「顔認識」本格導入 地場FiveGT、市場を開拓(01/17)

現代自、グラブにコナEV供給(01/17)

日産に課徴金、燃費と排ガス表記で不正か(01/17)

サムスン、スマート家電強化で2桁増収目標(01/17)

現代モービス、自動運転車向けランプ開発(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン