中小企業の技術守る、政府・与党が対策

韓国政府と与党が12日の協議で、中小企業の技術を奪う行為の根絶に向けた対策をまとめた。技術奪取に対する懲罰的な損害賠償制度を設け、大企業が中小企業に技術の秘密情報にかかわる資料を要求する場合には秘密保持契約の締結を義務付ける。韓国各紙が13日付で伝えた。

この対策には、法的紛争が発生しても救済されにくかった中小企業の行政支援策が盛り込まれている。懲罰的な損害賠償制度を技術保護関連の法律に導入し、中小企業の技術を奪おうとする大企業が支払う損害賠償額を損害額の最大10倍まで引き上げる。

また、現行法では技術侵害を受けた中小企業が被害事実を証明する必要があったが、今後は加害側に立証責任を負わせる。大企業は製品に用いた技術を説明することで疑いを晴らさなければならない。

技術保護のため、大企業と中小企業間の取引時に秘密保持契約を締結させ、違反した場合は罰則を与える。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

3月末の家計負債が過去最大、8.0%増(17:32)

1Q自動車輸出台数、前年同期比8.6%減(17:59)

テイクオフ:以前は夜に散歩をしてい…(05/23)

民間シンク、経済は下降局面 政府判断と差開く、専門家懸念も(05/23)

四輪生産、1~4月44.6万台 同期の輸出台数は一転して3%増(05/23)

現代自動車グループ、再編計画を撤回(05/23)

現代自、リムジン新型モデルの内・外装公開(05/23)

韓国企業、スト起こした労働者を閉め出し(05/23)

4月の生産者物価指数、1.6%上昇(05/23)

若年層雇用関連の補正予算、国会で議決(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン