キャピタランド、17年は減収も30%増益

シンガポール政府系の不動産開発会社キャピタランドが13日発表した2017年12月期の連結決算は、純利益が前期比30.3%増の15億5,070万Sドル(約1,270億9,400万円)だった。一方、売上高は12.2%減の46億980万Sドルと、減収増益だった。国内の開発案件に加え、商業施設やサービスア…

関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

GDPを100億米ドル押し上げ 企業のデジタル化、21年までに(02/23)

アベジャ、国立大と人工知能分野で連携(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

SIA、パース便にボーイング最新鋭機を投入(02/23)

チャンギ子会社、サウジの空港運営権を喪失(02/23)

トレノケート、5カ国でアマゾン研修機関に認定(02/23)

オスロ証取、EMASオフショアに上場廃止処分(02/23)

POSB銀、外国人労働者向け会員制度導入(02/23)

金融庁、店頭デリバティブ取引の新規制提案(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン