キャピタランド、17年は減収も30%増益

シンガポール政府系の不動産開発会社キャピタランドが13日発表した2017年12月期の連結決算は、純利益が前期比30.3%増の15億5,070万Sドル(約1,270億9,400万円)だった。一方、売上高は12.2%減の46億980万Sドルと、減収増益だった。国内の開発案件に加え、商業施設やサービスア…

関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールでは、ここ…(05/21)

科学技術庁から新会社が誕生 シリコンフォトニクスを商用化(05/21)

卸売り販売額、1~3月期は7%上昇(05/21)

リー首相、マハティール新首相と会談(05/21)

シンガポールに局長派遣、日本政府(05/21)

シンガポール航空、通期利益7年ぶり高水準(05/21)

SIA、シルクエアー統合で客室設備刷新(05/21)

電動スケーターのシェア始動、乗り捨て可能(05/21)

MRT南北線、6月週末に5駅で短縮営業(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン