• 印刷する

テイクオフ:昨年末からひどい肌荒れ…

昨年末からひどい肌荒れが続いており、かかりつけ医(GP)から専門医にかかる紹介状をもらった。早速、友人に薦められた皮膚科医に予約の電話を入れたところ、診療は一番早くて5月中旬になるという。

待ち期間の長さに呆れつつも、症状を緩和したい一心で、まずは自分でできる生活習慣の改善をスタート。早寝早起きや適度な運動はもちろん、シャンプーや洗顔料をすべてケミカルフリーの商品に切り替え、食事にはスーパーフードを取り入れた。大好きなコーヒーまで止めるのは辛かったが、2週間ほど続けたところ、肌の状態だけでなく全体的に体調が良くなっていることに気付いた。

専門医への受診は、必要な時にかかることができなければ意味がない。ただ今回は結果オーライだったので、オーストラリア特有の「No Worries」精神で受け流すべきか。(芽依)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:地元のジュニア・バレー…(01/22)

今年の豪賃金、資源がけん引 大型プロジェクトが押し上げ(01/22)

石炭港で労組がピケ、ロックアウトに抗議(01/22)

〔政治スポットライト〕労働党、政府調達で地場企業利用義務付け(01/22)

電力網は熱波で限界、停電の危険=AEMO(01/22)

豪横断ガスライン、政府は採算性に疑問(01/22)

製造レマパックが破綻、ガス価格高騰で(01/22)

鉄道からトラックへの切り替え困難=大手企(01/22)

豪ジェットスター、乗客乗せすぎ判明(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン