国営空港運営、19年に非航空系収入を5割に

インドネシアの国営空港運営アンカサ・プラ2は、不動産や航空貨物などの事業を強化することで、2019年に売上高全体に占める非航空系収入の割合を5割まで引き上げる。13日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 今年の売上高目標は前年比14%増の9兆4,000億ルピア(約745億8,700万…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界中が胸を痛めたノー…(04/23)

メイジ、新社屋に本社移転 「健築」な造り、来月に業務開始(04/23)

コクヨ、家具事業でインドネシアに現法設立(04/23)

トヨタ、小型SUVのHVモデルを投入(04/23)

国産車エスエムカ、2モデルの先行予約開始(04/23)

ブルーバード、国内初のEVタクシー導入(04/23)

ジョクジャ新空港、29日に国際線の供用開始(04/23)

AP2、首都第2空港の候補地3カ所を選定(04/23)

南スラウェシ州にもLRT敷設、4路線計画(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン