【為替マーケット分析】下値探りで、昨年末水準まで

■これまでの動き 2月2日の米国1月雇用統計において、賃金の伸びが加速したことを契機に米長期金利が上昇し米株式が急落した地合いが先週も継続した。ボラティリティーの高まりは高リスク通貨である豪ドルを押し下げ、週足で見れば2週連続となる陰線を引くに至った。1月26日…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

インドネシアFTAが頓挫も、労働党が反対(16:42)

トール、会計部門の外注で330人を解雇(16:42)

テイクオフ:英国のハリー王子とメー…(10/16)

豪連邦、財政均衡前倒しか 赤字大幅減の見通し(10/16)

豪与党、農業人手不足解消の新ビザ案で二分(10/16)

〔政治スポットライト〕豪世論の支持率調査、労働党のリード続く(10/16)

エネ政策不安、AGLガス火発計画に影響か(10/16)

マッコーリー、オリジンの風力発電応札か(10/16)

豪政府系企業、恣意的発注や過剰供与が発覚(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン