帝人、樹脂事業でASEAN初の開発拠点

帝人は13日、タイ中部アユタヤ県に樹脂コンパウンドの開発技術センターと工場を設置すると発表した。投資額は合わせて約10億円。同分野の研究開発(R&D)拠点を東南アジアに置くのは初めてで、現地事業の拡大で自動車やエレクトロニクス業界の需要に合わせた製品を開発・製造し…

関連国・地域: 中国タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車電機化学・石化アパレル・繊維金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

世界競争力、タイは3ランク下落の30位(05/25)

車部品、1~3月は5%増 市場回復もメーカーで明暗(05/25)

4月の新車販売、25%増の7.9万台(05/25)

4月の新車販売(表)(05/25)

建築展示会が開幕、来場者4500人見込む(05/25)

PTT、EVディーラー事業に関心(05/25)

TOTO、20年にウォシュレット生産へ(05/25)

ヤマト、小口保冷配送で国際規格取得(05/25)

配車オールタイ、VIP用にベンツ100台(05/25)

商業施設CPN、5年で3400億円投資へ(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン