帝人、樹脂事業でASEAN初の開発拠点

帝人は13日、タイ中部アユタヤ県に樹脂コンパウンドの開発技術センターと工場を設置すると発表した。投資額は合わせて約10億円。同分野の研究開発(R&D)拠点を東南アジアに置くのは初めてで、現地事業の拡大で自動車やエレクトロニクス業界の需要に合わせた製品を開発・製造し…

関連国・地域: 中国タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車電機化学繊維マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクからカンボジア…(01/22)

中タイ高速鉄道、ラオス延伸へ19年入札も(01/22)

18年の輸出額は6.7%増 下期減速で目標未達、摩擦影響も(01/22)

18年の高層住宅戸数は4割増、土地局(01/22)

不動産LPN、社債発行で16物件立ち上げへ(01/22)

ドンムアン空港で今月末工事、航空便遅延も(01/22)

書店ナイイン、小包配送サービスに参入へ(01/22)

外食最大手フィールインター、タイに出店(01/22)

鉄鋼3社、プレハブ住宅の共同出資会社設立(01/22)

米国向け合板輸出急増、産地偽装の疑い(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン