22年北京五輪、中央予算で5施設を整備へ

中国国家発展改革委員会(発改委)は12日、国家体育総局が提出した、2022年北京冬季五輪・パラリンピック関連施設5カ所の整備計画を承認したと発表した。総投資額は10億9,700万元(約189億円)で、発改委が中央予算から全額工面する。 22年の五輪は北京市街地と同市延慶区、河北…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

4月のオフィス賃料、過去2年で最大の伸び(18:40)

石炭の増産と値下げ指示、価格高騰で政府(19:06)

テイクオフ:我がアパートのエントラ…(05/23)

四輪生産、1~4月44.6万台 同期の輸出台数は一転して3%増(05/23)

自動車の輸入関税を引き下げ 7月1日から、現行25%が15%に(05/23)

トヨタ、中国で値下げへ(05/23)

アリババ、パキスタン企業買収で緬に進出(05/23)

北京の進出企業、商工会組織を発足(05/23)

医療法人の偕行会、医療観光客の誘致強化(05/23)

制裁関税発動保留、米ムニューシン長官が明言(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン