テイクオフ:駐在員向けの安全セミナ…

駐在員向けの安全セミナーに参加した。当地で日本人が遭いやすい犯罪は、スリ、置引、路上強盗。深刻な被害に発展する恐れはまずないが、日ごろから対策を考えておくべきという。

感心したのは、強盗に渡す用のフェイク財布を持つ人が、参加者の中にちらほらいたこと。帰宅後さっそくタンスから古い財布を出してかばんの中に追加した。その後外出してみると、これが気の持ちようというのか、すれ違う人がみな、こちらの財布を狙っているかのごとく思えてならない。「もう1つ持ってるだろ?」――フェイク財布の存在までが見抜かれているようで落ち着かない。

想像の段階ですでにこの弱気。いざ強盗に遭遇となったら、フェイクどころか全ての持ち物を渡してしまうに違いない。安全対策のビギナーには、財布の数を増やすより、財布の中身を減らして用心するくらいがちょうどいいのかもしれない。(成)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

預金準備率を18%に引き下げ、6月1日から(13:07)

米ディボールド、新型ATMを来月投入(17:26)

JGサミット、今年の資本支出を8割増へ(15:29)

税制改革第2弾で大量失業 労組が懸念表明、審議は難航か(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

世界人材ランク50位に低下、ここ10年で最低(05/25)

企業の半数が経済犯罪を経験、PwC調査(05/25)

三菱自が名門大と覚書、産学官でEV振興(05/25)

24日為替:$1=52.550ペソ(↓)(05/25)

首都LRT1号線、カビテ延伸を10月着工(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン