1月新車販売は3万台、伸びは4%に鈍化

フィリピン自動車工業会(CAMPI)とトラック製造者協会(TMA)は12日、2018年1月の新車販売台数(小売りベース)が前年同月比4.0%増の3万1,645台だったと発表した。税制改革法(TRAIN)による増税前の駆け込み需要の反動もあり、27.8%増だった前年同月からは伸び…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】ミルクがこぼれるコーヒーショップ(02/16)

日系ブランド車はシェア79% ASEAN、中国の影響見られず(02/15)

テイクオフ:「ドゥテルテ大統領の会…(02/15)

ジョリビー、17年は増収増益 米同業への出資比率引き上げ(02/15)

ファミマの比運営者、クラーク出店も検討(02/15)

フィリピン航空が機材増強、18年は15機調達(02/15)

18年の電子製品輸出、業界は6%成長と予想(02/15)

首都圏の建材卸売物価、1月は5.7%上昇(02/15)

14日の為替相場、12年ぶり安値の52ペソ台(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン