ヤンゴンにカラオケ1300店、免許料800万円

ミャンマー最大都市を抱えるヤンゴン管区政府は、2017年度(17年4月~18年3月)のカラオケ店免許料の収入が総額9,550万チャット(約815万円)に達するとの見通しを示した。一部の店が免許料を納めていないとの指摘も上がっている。 9日付の週刊誌フロンティア・ミャンマー(電…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス観光・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

携帯4G市場が急拡大へ 外資が主導、5社が販促強化(02/22)

ヤンゴン環状線、改修工事が本格着工(02/22)

ヤンゴン駅再開発、完成までに8年必要(02/22)

【ラオス経済通信】最低賃金を110万キープへ、5月から施行か 第122回(02/22)

若い「和僑」、商機を求めて現地で起業(02/22)

道路交通局、配送車両の輸入を厳格化(02/22)

金の取引回廊で協議、シンガポールなどと(02/22)

国営企業25社、総額90億ドルの別会計保有(02/22)

バガンで商店移転計画、世界遺産登録に向け(02/22)

北西部アヤドーのタナカ由来化粧品が人気(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン