ヤンゴンにカラオケ1300店、免許料800万円

ミャンマー最大都市を抱えるヤンゴン管区政府は、2017年度(17年4月~18年3月)のカラオケ店免許料の収入が総額9,550万チャット(約815万円)に達するとの見通しを示した。一部の店が免許料を納めていないとの指摘も上がっている。 9日付の週刊誌フロンティア・ミャンマー(電…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 小売り・卸売りサービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

DICA、教育分野投資で追加ガイドライン(20:10)

22日はイスラム教犠牲祭で公休、政府発表(20:10)

企業の4割、昨年賃上げ実施 賞与は7割が貢献度に応じて(08/15)

HAGL再建、政府介入の影 Thacoの支援で破綻回避へ(08/15)

右ハンドルなど違法車両輸入、29社で確認(08/15)

対米ドル為替レート幅の規制を撤廃、中銀(08/15)

4~7月のFDI、既存事業拡大が5割超(08/15)

昨年度のインフラ事業、完成は57%のみ(08/15)

ゴム、輸出増加目指し品質証明を発行へ(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン