• 印刷する

JBハイファイ、18年度上半期37%増益

オーストラリアの家電販売最大手JBハイファイがこのほど、今年度上半期(2017年7~12月)の決算で純利益が前年同期比37.4%増の1億5,170万豪ドル(約129億3,470万円)だったと発表した。昨年12月のクリスマス商戦で売り上げが好調だったことが奏功したとみられる。news.com.auが伝えた。

JBハイファイによると、売上高は41%増の36億9,000万豪ドルとなった。16年11月に買収した、同業ライバル企業グッドガイズによる売り上げも貢献したとみられている。国別で見ると、JBハイファイのオーストラリア国内の売上高は10.8%増だったのに対し、ニュージーランド(NZ)では0.4%減だった。項目別では、コンピューター、オーディオ、ドローン、ゲームが、オーストラリアの売り上げをけん引したとみられている。

JBハイファイのリチャード・マレー最高経営責任者(CEO)は、今年上半期の業績について満足しているとした上で、「特に、小売りにとって重要な時期である11月と12月の売り上げが、さらにしっかりとした伸びを示した」と述べた。

マレーCEOはさらに「グッドガイズの業績の伸びに満足しており、グループ全体の未来についても自信を感じている」と述べるとともに、通期決算では利益が2億3,500万豪ドル~2億4,000万豪ドルに達するとの予想を示した。同社の前年度の通期利益は2億770万豪ドルだった。

JBハイファイは今年度上半期、オーストラリア国内で新たに7店舗を設置したが、NZでは1店舗を閉店した。グッドガイズの店舗は、オーストラリア国内で2店舗を新たに設置している。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: 電機IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもが通う小学校が創…(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

今年のM&A取引、総選挙実施で低調予測(01/18)

産金業界大手の大型合併、豪で警戒感も(01/18)

ウッドサイド、スカボローLNG実現で投資(01/18)

NSW炭鉱で労使交渉妥結、港湾ではストへ(01/18)

新規再生エネ蓄電施設が稼働、投資増加も(01/18)

EV増加で充電施設の整備を=EV企(01/18)

豪証取委、自動車ローン取締りで調査実施中(01/18)

豪銀、英EU離脱懸念で独蘭に拠点移動計画(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン