• 印刷する

雇用市場、今年は10~15%拡大

インド国内の2018年の雇用市場は、前年に比べて10~15%拡大する見通しだ。エコノミック・タイムズ(電子版)などが12日伝えた。

企業120社と学生51万人への調査を基に、人材関連サービスを手掛ける地場ピープルストロングなどが共同報告書をまとめた。

雇用意欲については、企業の49%が「積極的」と回答した。「中立」は25%、「消極的」は26%だった。調査対象の12業種のうち、銀行&金融サービス、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)、小売り、ITなど7業種では50%が積極的に人材を雇用すると答えた。

国内では求職者の職能不足が問題となっているが、18年はその状況が大きく改善したもようだ。就業に十分な職能を身に付けた学生の割合は、過去最高の45.6%という。


関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

テイクオフ:デリー市内で一番大きい…(09/20)

インド製炊飯器を日本へ輸出 パナ、30年で累計生産1000万台(09/20)

中国のワンプラス、スマートTV開発へ(09/20)

アディティヤ衣料部門、女性下着市場に参入(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

衣料通販ミントラ、モールへの出店を検討(09/20)

【訃報】鳥羽雄一氏(元日本カーボン社長)ほか(09/20)

アマゾン、デビットカードで分割払い可能に(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン